• HOME
  • トピック
  • フランスDJECO(ジェコ)の可愛いフィギュア「ティーニー」の世界

フランスDJECO(ジェコ)の可愛いフィギュア「ティーニー」の世界

フランス生まれのフィギュア『ティーニー』

フランス知育玩具メーカーDJECOジェコより、TINYLY(ティーニー)のフィギュアが新シリーズとして仲間入りしました!

フランスを中心に活躍するデザイナーや絵本作家たちが手掛けるお人形。なんといっても色彩豊かなデザインが魅力です。

今回は、思わずコレクションしたくなる、可愛いお人形「ティーニー」をご紹介いたします。

デザイン性の高いかわいいフィギュアたち♡

フランスのフィギュア『ティーニー』の世界

魔法の世界からやってきたティーニーたち。

お人形1体と、お友達の生き物1体、付属品1アイテムがセットになっています。

ティーニーは、ダンサーやミュージシャン、氷の女王や芸術家など、それぞれのお人形にはコンセプトがあります。

「どこからきたの?」「どんなふうに遊んでいるの?」というように、自分で物語を考えて遊ぶことができます。

頭や腕を動かして遊べる

コップをもつティーニー

ティーニーシリーズは、すべて頭と腕を動かすことができるようになっているので、細かい表現をすることができます。

付属品のアイテムを持ち替えて遊ぶこともできるので、自分で考える物語の幅が広がります。

お人形遊びは子どもの社会性を育むのに効果的!

ティーニーのドールハウス

イギリスにあるカーディフ大学の研究で、スマートフォンによる遊びよりも、お人形遊びの方がはるかに子どもの社会的スキルアップにつながることが判明しました。

子どものお人形遊びでは、「今日は何をして遊ぶ?」「おいしかった?」というように、子どもが心の中で思っていることを直接口に出して遊びます。

これは「内的状態言語」と呼ばれるもので、子どもが他の人の考えや感情について考えているということです。

内的状態言語は、子どもの一人遊びではよく見られますが、これは他の人と関わりを持って、いろんな社会的状況を切り抜けるのに欠かせない能力です。

一方スマートフォンなど電子機器を使った遊びでは、心の声を直接声に出すことはなく、黙々と遊ぶことが多いので、いろんな社会的状況を切り抜ける能力はあまり身につきません。

ティーニーをはじめ、お人形遊びで子どもの社会的スキルアップを狙ってみましょう。

【参照】Doll play prompts social thinking and social talking: Representations of internal state language in the brain|Wiley Online Library https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full/10.1111/desc.13163

集めて楽しい♪ティーニーの仲間たち

赤ちゃんのお世話をする女の子のフィギュア

テントウムシのような姿をしたココと赤ちゃんのミニコ。物語を考えてごっこ遊びを楽しみましょう。

ティーニー ココ&ミニコ
【税込価格】2,200円
【対象年齢】4歳~

詳細はこちら


 

ミルゥと仲間のルロウのお医者さん。お人形のお世話やごっこ遊びを通して、人間関係や社会性を学ぶことができます。

ティーニー ミルゥタイニーショップ
【税込価格】4,180円
【対象年齢】4歳~

詳細はこちら


ドールハウスセット

ティーニーシリーズ専用の「ミア ハウス」は、雲のかたちをしたキャリーケース型ドールハウス。

キャリーケースを開くと、寝室やキッチン、ダイニングテーブルが登場。

サニーの相棒のライオンとミアだけではなく、他のティーニーたちもドールハウスに呼んで一緒に遊ぶことができます。

遊んだ後は、すべてドールハウスにお片付けできるようになっているので、お片付けの習慣づけにもおすすめです。

ティーニー サニー&ミア ハウス
【税込価格】9,900円
【対象年齢】4歳~

詳細はこちら


まとめ

お人形遊びは、子どもが相手の気持ちを考えながら遊ぶことができるので、子どもの社会性を育むことができる遊びです。

DJECOの「ティーニー」は、小さくてかわいらしいデザインのお人形。

はじめてのお人形遊びは、カラフルな外見で、見るだけでワクワクさせてくれるティーニーを選んでみてはいかがでしょうか。

関連記事一覧