知育時計のすすめ ~時間を学ぶメリット~

知育時計で遊ぶ子ども

「いつまでも遊んでいて、なかなか片付けてくれない」

「幼稚園や保育園に行く時間を教えたい」

「子どもだけで遊んでいても、ちゃんと決められた時間に帰ってきてほしい」

このような悩みは、子どもが時計を読めるようになることで解消されます!

大人は、「この時間には家を出ないといけないから、この時間に用意をし始めよう」というように、常に時間を意識して動いていますよね?

子どもも大人のように、時間を意識できるようになったら、ご飯やおやつ時間、幼稚園や保育園・小学校に行く時間、家に帰ってくる時間などを自然と意識できるようになります。

では、時計はいつから読み方を教えていけばいいのでしょうか?今回は、知育時計を使った時間を学ぶメリットと種類について解説していきます。

時計はいつから必要?知育時計で時間を意識してみよう

子どもに時計の読み方を教えるのはいつから?

子どもが時計を読めるようになると、「この時間になったらご飯だから、そろそろお片付けをしておこう」というように、時間を意識した行動がとれるようになります。

本格的に時計の読み方を教わるのは小学1〜2年生頃と言われていますが、最初の内は0分・30分と30分刻みで教わることが多いです。

しかしこの時期にかかわらず、自分の年齢に数字や10までの数字が読めるようになってくる3歳児(年少さん)くらいから、時計の読み方を伝えていくことで、早くに時計が読めるようになります。

早く時計が読めるようになると、自分で時間を意識した行動がとれるようになるので、例えば小学校に入り、子供だけで遊びに出たときに、親子で決めた時間までに家に帰るということができるようになります。

子供用時計のなかでも、知育時計は子どもが「この時計がいい!」と思うようなカラフルなカラーや、かわいらしい・かっこいいデザインのものが多いのが特徴的です。

知育時計であれば、分刻みの目盛り、分の表記がある、1時間ごとに文字版の色分けがある、長針と短針が区別しやすいなど、わかりやすいデザインなのもポイント。

子どもが気に入った知育時計なら、積極的に時計を学んでくれるのもいいですね!

知育玩具の時計はどんなものがあるの?

おしゃれな知育時計で時間をばっちり読めるようになろう

知育時計には、いろんな種類があります。

子ども部屋やリビングに置く「壁掛けタイプ」、置く場所を選ばない小さい「卓上タイプ」、自分で針を動かすことができる「学習時計」、持ち運びにおすすめの「腕時計タイプ」。

ここからは、これら知育時計の特徴を解説していきます。

1.壁掛けタイプ

リビングや子ども部屋の壁にかけられるようになっている、大きめの知育時計。

家族みんなが見えるところに知育時計を設置することで、「長い針が12、短い針が3のところに来たらおやつにしようね」というように、具体的に時間を伝えることができるようになります。

大きめのサイズ感なので、少し離れた位置からも見えやすいのが特徴です。

2.卓上タイプ

机の上や寝具周りに置いておける、小さめの知育時計。

アラーム機能付きの知育時計なら、目覚まし時計にもなるので長く使うことができます。

3.学習時計タイプ

自分で針を動かして、時間を意識できる知育時計。

学校などの教材にも採用されていて、クイズ感覚で子どもに問題を出して、子どもが実際に時計の針を動かして学ぶことができます。

4.腕時計タイプ

大人のように、腕に巻き付けて持ち運ぶ知育時計。

子供用の腕時計は、文字版や針が大きいので見やすくなっていて、子供用腕時計によってはバックライト付きや、アラーム機能付きなど多機能のものもあります。

おすすめ知育時計5選

ネコの耳がついたキッズ用腕時計

文字盤のフレームに猫耳がついたかわいいキッズ腕時計。ユニークなデザインが人気です。

ウォッチ キャット
【税込価格】4,950円

詳細はこちら


ユニコーンのキッズ用時計

ブルーの文字盤やバンドにピンクのフレームがかわいいキッズ腕時計。ユニコーンがモチーフになっています。

ウォッチ キャット
【税込価格】4,950円

詳細はこちら


型はめ時計

数字が書かれたブロックは取り外しができるので、型はめパズルとしても遊ぶことも!色や形、数や時間など様々なことを覚えるのに役立ちます。

チクタク時計
【税込価格】3,300円
【対象年齢】3歳~


知育時計

時計の針の表示とデジタルでし表示した時刻は連動しています。遊びながら時計を学ぶことができます。

ターン&テルクロック
【税込価格】3,190円
【対象年齢】4歳~


 

掛け時計

何時何分かわかりやすい掛け時計式、学習用のおもちゃです。小さくて持ち運びにも便利です。外側から12時間・60分・24時間の表記になっています。

ラーニングタイム クロック
【税込価格】1,760
【対象年齢】5歳~


まとめ

知育時計を使えば、わかりやすく時計の読み方を学ぶことができるので、自然と時間を意識できるようになります。

知育時計にはいろんな種類、機能、デザインのものがあるので、お子さんと一緒にお気に入りの時計を見つけてみてくださいね♪

関連記事一覧