• HOME
  • トピック
  • 【1〜3歳】ひねって遊ぶ!ねじ回しのおもちゃで楽しく知育

【1〜3歳】ひねって遊ぶ!ねじ回しのおもちゃで楽しく知育

ねじ回し

「1〜2歳はまだ口におもちゃを入れるから、安全なおもちゃを選びたい」

「手先が器用になってきた3歳の子供に、刺激になるおもちゃを選びたい」

「子供の可能性を広げることができるおもちゃを選びたい」

このように考えている方には、木製のねじ回しのおもちゃがおすすめです。

先に結論を言うと、ねじ回しのおもちゃで、1〜2歳の子供の「手先の発達を促す」「観察力や集中力を養う」機会を作ることができます。

また3歳の子供には、「空間認知能力」を育む手助けをしてくれることも!

今回は、ねじ回しのおもちゃで育むことができる能力について解説していきます。

ねじ回しで期待できる3つの知育

 

ねじ回し

ねじ回しのおもちゃは、おもちゃ屋さんでたくさん種類を見かけることが多いと思います。

プラスチック製や手動でねじを回す、電動工具のおもちゃでねじを回す、木製など、いろんなねじ回しのおもちゃの中で、リアルな回し具合に近いものを選ぶのであれば、木製のねじ回しを選んだ方がいいでしょう。

木は、プラスチックにはないなめらかな手触りと、香り、模様を楽しむことができ、ねじ回しであれば、ねじを回すときの「きしみ具合」や「力の入れ方」が非常にリアルにできてきるからです。

ねじ回しのおもちゃは、手先が器用にならないと遊べないイメージがある方が多いですが、赤ちゃんがお母さんの化粧品のフタや、食べ物のフタなどを開ける動作をし出したら、ぜひねじ回しのおもちゃを取り入れてみましょう!

ねじ回しのおもちゃの狙いは、

  1. 手先の発達を促す
  2. 観察力や集中力を養う
  3. 空間認知能力を育む

この3つがあります。

1.手先の発達を促す

ねじ回しでは、しっかりとおもちゃをにぎって手首を回すことで動かすことができます。

1歳の赤ちゃんは、まだ上手につかむ・ねじるという動作ができませんが、ねじ回しというおもちゃを通じて、手先の発達を促す機会をつくることができます。

2.観察力や集中力を養う

手先が上手に使えるようになってくると、ねじ回しの動作を通じて何ができるか考えることができるようになります。

「そういえば、この前はこの動かし方でできた」という成功体験から、さまざまなものに対してねじ回しの動きを応用できるようになってきます。

また、いろんな動かし方を学ぶことで、「これならこの動かし方で動きそうだ」という観察力を身につけることができ、観察して実行できるまでの集中力も養うことができます。

3.空間認知能力を育む

空間認知能力とは、「まっすぐ見ている状態から離れて、それぞれの物体がある場所や向き、大きさ、姿勢、カタチ、早さ、物体同士の位置関係をすばやく正確に認知する能力」のことです。

ねじ回しのおもちゃでは、「ネジを回す動作で動くおもちゃ」というようにカタチや仕組みを意識できるようになります。

そのため、ねじ回しのおもちゃを通じて、「このように動かせば、このような動作を行うことができる」と論理的に理解する力を育むことができます。

知育要素がいっぱい!ねじ回しのおもちゃ

ひねってあそぶおもちゃ

動物たちの木製の知育パズル。3つのパーツを、ねじ回しをするようにひねることによりくっつけたり離したりできます。回して遊ぶことで、 手首のひねりを自然と覚え、手先の発達を促します。

ヴィス アニモ
【税込価格】3,960円
【対象年齢】18ヶ月~

詳細はこちら


ねじ回しのおもちゃ

かわいい動物たちのネジ型の木のおもちゃです。2つのピースをネジ回しのように回して動物の完成!

ターナ ベーシック
【税込価格】2,640円
【対象年齢】18ヶ月~

詳細はこちら


かぎのおもちゃ

遊びながら3種類のロックの開閉練習ができます。開けたり閉めたり、夢中で遊んでいるうちに自然と指先が発達していきます。

ロックトゥ
【税込価格】4,180円
【対象年齢】3歳~

詳細はこちら


木製のひねる おもちゃ

棒に挿さった4面のブロックを回転させて絵をそろえるパズル。手を使って回して絵をそろえることで、手先や手首の運動を促し、空間認知能力を養います。

ウッデン ツイストパズルブロック
【税込価格】1,540円
【対象年齢】18ヶ月~


まとめ

ねじ回しのおもちゃは、手先の発達を促し、観察力や集中力を養うことができる以外に、空間認知能力を育むサポートもしてくれるおもちゃです。

1歳の赤ちゃんから取り入れることができるおもちゃなので、はじめての知育玩具としても、ねじ回しのおもちゃはおすすめです。

関連記事一覧